くま川鉄道@百太郎橋梁


画像 1357.jpg



くま川鉄道 東多良木新鶴羽




この記事へのコメント

  • うさぴー

    私がmyチャリに乗ったまま撮った所の橋の上からですね。
    下りだと、このまま橋から右に移動したら踏切を渡る列車が撮れる?いやちょっと無理かな?
    大きな樹、竹林、山、そして百太郎と白くま。言わしぇん(言う事がない、素晴らしい)デス。
    2010年02月20日 16:11
  • 球 磨 川 の 汽 笛 ♪

    実際に百太郎溝を目にしたのは初めてデシタ

    『溝』との名から、もっと小規模なモノを想像してぉりました
    ところがドッコイ、ソンジョそこらの小規模河川を遥かに上回る豊かで清冽な流れに驚愕!

    周辺には何やら由来のありそな大木、聳える竹林
    河畔への階段には随所に供花の姿も見受けられ
    成程、地元の方の敬意と愛着を感じた次第…

    列車を待つ暫しの間、前に行ったり後ろに行ったり、ハタマタ水際迄降りてみたり
    結局このアングルに落ち着きましたが、惜しむらくは左手の民家
    コチラ目に留まる位置にブルーシートが置いてあり、避けた構図を選択しましてやや窮屈
    更に加えて幸か不幸か1両で来るかと思いきや、白くまの2両編成でギリギリイッパイ

    狭い橋上、道路とガードレールの隙間から
    歴史ある地で轢死してはならぬと見張り番をば立たせ、屈んだ窮屈な姿勢にて捕らえた1カットでありました

    http://blogs.yahoo.co.jp/usapi4423jp/23481135.html

    http://blogs.yahoo.co.jp/usapi4423jp/23487003.html
    2010年02月20日 23:38
  • うさぴー

    まずは真似からと実は夕方250㎜をセットして行ってみたんです。距離もありそうだったので。
    ガードレールにカメラを乗せてみたら民家前の小さなカーブミラーがどうしても映り込むのでやや右寄りで撮って比べてみたら、列車が大きく写っているので55㎜で撮ってらっしゃるのかなと思いました。
    まさかガードレールの下からだとは@@!
    遮断機の音が聴こえてから軽トラ1台と自転車のおじちゃんが鉄橋方面へ行かれたので、
    ばっちり映っていました。><;
    その前には自転車道をジョギングする人が居てもう少し後に来たら良かったのにと思っていたんですが…。
    こちらの思惑どおりにはいかないものです。
    2010年02月21日 01:00
  • 球 磨 川 の 汽 笛 ♪

    この写真、レンズは28㍉~のズームで割と広角側で撮ってます

    広角の特性としましてゎ「遠近感の誇張(手前は大きく、遠くは小さく)」
    「被写界深度(ヒシャカイシンド)が深い」点が挙げられます

    遠近感…は写真、川幅が手前は見た目以上に広くなっているかと存じます
    被写界深度というのは手前から奥までのピントの合う範囲でして(時間があるときに検索してみてくださいな)
    上方の樹木から奥の山までボケずにピントが合ってます

    望遠で撮った多良木駅 http://58654.269g.net/article/15257590.html とボケについては比較できそうデス

    百太郎橋梁
    http://blogs.yahoo.co.jp/usapi4423jp/23694244.html
    2010年02月21日 23:36
  • 球 磨 川 の 汽 笛 ♪

    「くま鉄が国有形文化財に」  湯前駅舎や橋梁19件  文化審議会が答申
    https://www.hitoyoshi-press.com/local/index.php?intkey=11226

    答申物件は次のとおり
    ▽御溝橋梁(人吉市)
    ▽大王川橋梁(同)
    ▽岩清水アーチ橋(同)
    ▽川村駅待合所(相良村)
    ▽球磨川第四橋梁(相良村、錦町)
    ▽第一高柱川橋梁(錦町)
    ▽第二高柱川橋梁(同)
    ▽内門橋梁(同)
    ▽第二覚井橋梁(同)
    ▽木上駅待合所とプラットホーム(同)
    ▽崖下橋梁(あさぎり町)
    ▽免田川橋梁(同)
    ▽井口川橋梁(同)
    ▽宮田橋梁(多良木町)
    ▽平原アーチ橋(同)
    ▽東多良木駅待合所とプラットホーム(同)
    ▽百太郎橋梁(同)
    ▽高橋川橋梁(湯前町)
    ▽湯前駅本屋(同)
    2014年07月19日 23:55

この記事へのトラックバック